転職成功術

看護師の就職、転職で最低限知っておくべき病院の種類とは!?

現役看護師Yumeが教える急性期病院の特徴

Yume
Yume
今回は急性期病院について紹介していきます。
本記事のYumeポイント
  • まずは知っておくべき病院の種類
  • 急性期病院、慢性期病院とは
  • メリット・デメリット

Yume
Yume
さっそくですが皆さんはどんな病院に転職したいですか??

私Yumeは自分のスキルアップが目的で今の病院の外科病棟勤務を希望し転職しました。

私は看護学校を卒業し初めて就職したのが精神科病院でした。

学生時代に病院から奨学金をもらっていたので、その病院で2年は働かなくてはいけませんでした。しかし、働きながら自分の将来の不安を感じていました。

精神科病院は、一般病院に比べると医療行為は少なく、穏やかに日常が流れていく日々。しかし、精神科病院にとってはそれが1番大事な事なのです。

精神科病院での業務も嫌いではなかったのですが、憧れの看護師になったからには、色々な知識や技術を身につけバリバリ働きたい‼︎

Yume
Yume
この想いが忘れられず、結婚を機に転職を決めました。きっとみなさんもこんな看護師になりたい、こんな病院で働きたいという夢や憧れを持っているはず。
Yume
Yume
そんなあなたの転職の手助けになれるよう、病院の特徴についてお話していきます。

病院の種類

病院にもいろんな種類、いろんな機能を兼ね備えている病院があります。

急性期病院や慢性期病院(療養型)、精神科病院、リハビリ病院などがあります。

急性期とは?

医療現場でよくつかわれる急性期という言葉。急性期と簡単に言われても一般の人はピンとこないと思います。

「急性期」とは、病気が発症し急激に健康が失われ不健康となった状態をいい、発症後おおよそ14日間以内急性期の目安とされています。

そして急性期病院とは、急性疾患または重症患者治療を24時間体制で行なえる病院のことです。

  • 急性期病院と慢性期病院がある
  • 急性期とは病気が発症し急激に健康が失われた状態の事
  • 急性期病院は24時間体制で治療が可能な体制を備えている

急性期施設の種類

一般病院内急性期病棟

一般病院内急性期病棟とは急性期の入院治療を必要とする患者の為の病床。

集中治療室(ICUやCCUなど)

集中治療室とは病院内の施設の一種で、呼吸、循環、代謝その他の重篤な急性機能不全の患者を24時間体制で管理し、より効果的な治療を施すことを目的としている。

高度救命救急センター

高度救命救急センターとは、救命救急センターのうち特に高度な診療機能を提供するものとして厚生労働大臣が定めています。

広範囲熱傷(やけど)や四肢切断、急性中毒等の特殊疾病患者に対する救急医療が提供されます。その特殊性ゆえ、心肺停止患者の搬送が多数を占めており患者死亡率も一般の救命救急センターよりも高い傾向にあります。

地域災害医療センター

地域災害医療センターとは災害、または航空機事故などの大規模な事故などの際、出動して処置や、看護を行う医療センター。

日本においては全国規模で災害医療を行う能力を有する組織は、自衛隊と日本赤十字社の2組織のみとされている。

がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院とは日本において質の高いがん医療の全国的な均てん化を目的に整備した病院。

  • 急性期病院はさらに細かく分類することができる。
Yume
Yume
私が在職しているのは一般病院内急性期病棟です。

看護師の業務ポイント

急性期病院で働く看護師は、一刻を争う現場に直面する事や、突然の変化などでじっくり考える余裕がない場面が多々あります。

その為、日頃から患者様のわずかな変化を見逃さず、状態が急激に変化した時には状況を素早く判断し、冷静で的確に行動することが求められます。

どんなときでも冷静に対応するために、あらゆる疾患に関する知識や技術を身につけることが重要不可欠、日々勉強が欠かせません。

  • 急性期病院は重症な患者様が多い為、僅かな変化も見逃さない事が重要!
  • 急な事態が発生しても冷静かつ高度な対処能力が要される
Yume
Yume
常日頃から勉強することがとっても大事なの!

入院期間の目安

急性期病院には3ヶ月しか入院できないと耳にしたことのある人もいると思います。

確かに病院に入院できる期間は、概ね3ヶ月と言われています。

その理由は高齢化が進む現代において、病院のベッドが足りず「入院待ち」の患者が数多くいることや、病院が介護施設がわりになることを防ぐために規定されています。

しかしこの規定の裏には、75歳以上の高齢者が一般病院に入院した場合、特定の条件にあてはまる患者を除いては91日目から入院の保険点数が下がり、病院側に支払われる診療報酬が減ってしまうので、病院を経営していくためにも必要なルールと言えます。

Yume
Yume
高齢化社会の影響もあるからね~

急性期病院で働くメリット&デメリット

Yume
Yume
色々な病院の種類があるけれど私が考える急性期病院で働くメリットはこれ!
急性期病院で働くメリット
  • スキルアップすることができる。
  • 短期間で数多くの症例の経験を積むことができる。
  • ハードだからこそのやりがいを感じる。
  • 常に緊張感はあるが、活気があり、職場の雰囲気が良い。
新人ナース
新人ナース
逆にどんなデメリットがあるんですか??
急性期病院で働くデメリット
  • 患者様の急変などによる突発的な残業が発生する
  • 夜勤や人員配置によるハードなシフト体制
  • 急変対応
  • 患者様1人1人にじっくりと関わることが困難
Yume
Yume
あくまで実際に勤務している私や同僚の意見になるけどメリット・デメリットはこんな感じかしら~
新人ナース
新人ナース
なるほど~やはり自分が看護師としてどう働きたいかとメリットデメリットを合わせて考えなきゃダメですね!

まとめ

Yume
Yume
自身のスキルアップや急性期病院に興味のある人は、勇気を出して転職に踏み出してみて下さい。

最初はハードな業務に大変だと感じるでしょう。

しかし、その大変さの中にも患者様が回復していく姿や、患者様やご家族からの感謝の言葉などが心から嬉しく代え難いやりがいや喜びを実感できるはずです。

Yume
Yume
私は思い切って転職をして、良かったです。その喜びを看護師として勤務中の方やこれから看護師になる方達、1人でも多くの方に感じてもらえると嬉しいです。